【レスリング部】中村成実選手がU20アジア選手権で優勝しました!

7月7~8日にバーレーン・マナマで開催されている2022年U20アジア選手権において、59kg級で本学レスリング部員である中村成実選手(文学部2年)が優勝をしました。

中村選手が出場した59kg級はカザフスタンのメディナ・アマン選手、インドのタンヌ・マリク選手、ウズベキスタンのディヨラ・アビトバ選手が参加する4者での総当たりリーグ戦形式。中村選手は2連勝をしましたが最終戦でタンヌ・マリク選手に敗れてしまいました。その結果勝ち点の合計・獲得テクニカルポイントで中村選手とアマン選手が並ぶこととなり、失点の差によって中村選手の優勝が決まりました。国際大会での優勝は、中村選手自身初の快挙となります。

リーグ3回戦 中村成実●[2-4]Tannu MALIK(インド)
リーグ2回戦 中村成実○[8-1]Madina AMAN(カザフスタン)
リーグ1回戦 中村成実○[6-0]Diyora ABITOVA(ウズベキスタン)

※3選手が2勝1敗、内容によって中村選手の優勝


優勝を決めた中村選手(写真引用元:世界レスリング連合(UWW))