【陸上競技部】黒川和樹選手がオレゴン世界陸上出場の内定を得ました!

6月9日~12日に大阪府ヤンマースタジアム長居にて開催していた第106回日本選手権において、黒川和樹選手(現代福祉学部3年)が400mHで優勝しました。その結果、先日同会場で行われた日本グランプリシリーズ 大阪大会第9回木南道孝記念陸上競技大会において参加標準記録を突破したことと合わせ、正式にオレゴン世界選手権出場内定者となりました。

また同大会では本学OBの青木 涼真選手(生命科学部卒、現Honda陸上競技部所属)が3000mSCにおいて2位となり、同じくオレゴン世界選手権の内定を得ました。

2名の活躍をこうご期待ください!

 

内定を決めた黒川選手(写真提供:スポーツ法政新聞会)