【剣道部】第56回全日本女子学生剣道選手権において水川晴奈選手が15年ぶりに連覇をしました!

7月2日東京千代田区日本武道館で開催された第56回全日本女子学生剣道選手権において、水川晴奈選手(キャリアデザイン学部2年)が昨年大会に続き女子大学生の頂点に輝きました。同大会での連覇は15年ぶり5人目の偉業であり、法政大学の選手としては初めてのことなります。

決勝戦は1か月前に開催された関東女子学生選手権において敗れた中央大学の諸岡選手であり、試合序盤も諸岡選手が積極的に攻める状況が続きました。それでも水川選手は臆することなく、2分40秒過ぎ、相手の胴を抜き、優勝を決めました。

9月には全日本選手権が控えており、これからの水川選手の活躍をご期待ください!!

 

水川選手は大学広報誌「HOSEI」でコメントを寄せておられます。こちらも是非ご覧ください。

リンク:広報誌「HOSEI」5月号(20Pに掲載)

  
左:優勝の表彰状を授与の様子 右:表彰状を手に笑顔を見せる水川選手(写真提供:剣道部)