本学航空部がモデルの一部となるアニメ映画「ブルーサーマル」が公開されます。

本学航空部出身であり小沢かな氏(文学部日本文学科卒)が原作者となっている漫画「ブルーサーマル」(新潮社)がアニメ映画化されることが決定いたしました。2022年3月4日公開予定です。

漫画「ブルーサーマル」は、『月刊コミック@バンチ』(新潮社)2015年6月号から2018年1月号まで連載された埼玉県熊谷市にある妻沼滑空場を舞台に、大学の航空部を描いた作品。主人公の都留たまき(通称・つるたま)は恋愛をするために入学した大学で、“グライダー”と運命的な出会いをする。そこで次第に航空部の魅力に引き込まれていくという内容になっています。

アニメ制作にあたっては、本学航空部がモデルの一部となっており、さらにロケハンや取材協力もいたしました。

本学航空部は1931年に青年日本号で1万3671キロの大空を越えての初の学生による訪欧飛行を成し遂げるなど、伝統のある部です。一方で航空部の活動は、他の体育会競技と異なりネットやテレビでの報道がほとんどなされないことから、非常に想像しづらい部分もあります。

是非皆様には本アニメを通じて大学航空部の活動やその魅力を感じていただければと思います。

©2022「ブルーサーマル」製作委員会