箱根駅伝陸上部の坪田監督を独占取材!
今年の意気込みを語っていただきました。
是非、ご覧ください。

沿道での応援は禁止です

関東学生陸上競技連盟(関東学連)より新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、沿道での観戦、応援の自粛が強く求められています。
出場大学に課せられた責務として、HSCでは沿道での応援を禁止とします。
例年沿道で応援していただいている卒業生、在校生や保護者の皆様におかれましては、テレビ観戦での応援をお願いいたします

箱根駅伝公式ホームページへ

沿道での応援が自粛となっていることから、
おうちで選手を応援していただこうと、塗り絵付きオリジナル「応援小旗」をご用意!
おうちでは、大声で熱いエールを送りましょう!

ダウンロードはこちら

箱根駅伝当日はオンライン解説を実施

※ライブ放送のみ(放送終了後はご覧いただけません。)

スタート ドキドキ!今年の見どころを徹底解説!
激走中! 法政を中心にしたトークを繰り広げます!
ゴール! 最速レビュー!レースを振り返ります!

特別ゲスト:
法政大学 陸上競技部 OB 関口頌悟さん

群馬県立高崎 高校 卒業後 2011年に法政大学社会学部に入学。大学在学中は2年次と3年次に箱根駅伝の5 区を走った。大学卒業後2年間株式会社 SUBARU 陸上部に在籍。2017年3月に競技を引退し、現在は株式会社メディアコミュニケーションズでランニングステーション運営および、 ランニングイベント運営を行っている 。

往路
2021年1月2日(土) 7:30~13:30頃まで
復路
2021年1月3日(日) 7:30~13:30頃まで

メッセージ募集期間:2020年12月9日~2020年1月3日
12月31日までに届いたメッセージは、事前に選手たちへお届けします。

襷新聞は会員向けに有料で配布されているものですが、今回は特別に提供していただきました。
襷新聞の会の皆様にはこの場をお借りして感謝申し上げます。

復刊第147号

復刊第148号

復刊第149号

襷新聞の会と襷新聞について
2008年当時、多くの大学が駅伝強化に向けての取り組みを、複数のスタッフがそれぞれに役割分担をして行なっていた中、一人多役で孤軍奮闘していた成田駅伝監督(現・副部長)を支援しようと集まった陸上競技部OBの有志と、法政大学の駅伝ファンの有志の皆さんが中心になり、「襷新聞の会」の前身である「成田駅伝監督を支援する会」が設立されました。その時に掲げた支援事業の一つが「襷新聞」の発行(復刊)でした。その後、坪田長距離コーチ(現・駅伝監督)が就任。2013年に行なわれた第89回箱根駅伝で9位となり、シード権を獲得したのを機に、「襷新聞の会」に改称して現在に至っています。
襷新聞は、2年生から4年生までの学年から各1名の編集員が選出され、編集員は原稿を執筆します。それを事務局が写真・記録表等を付け加えて編集し、会員、保護者、関係団体等に配布・配信しております。発行は月刊で、毎月1回の発行を復刊以来、欠かさずに行なってきました。そして今年、襷新聞は12月発行号で節目の150号を迎えます。

本寄付金は箱根駅伝本選前の事前合宿に係る費用、
選手の日常の治療費、栄養費補助等に活用させて頂く予定です。