【観戦記】バレーボール秋季リーグ戦

9月28、29日の両日、亜細亜大学体育館で行われましたバレーボール秋季リーグ戦の応援に行きました。
バレーボール部は現在2部所属。春季は3位で惜しくも入替戦進出を逃しました。

秋季は1部昇格を目指して現在6戦全勝。迎えた第7戦の相手は同じく全勝の大東文化大学です。
体育館の2階にある観戦スペースは,熱気が上昇してうだるような暑さ。ただ座っているだけでも汗が止まりません。

豪快なサーブや技ありのスパイク,さらに粘ってのラリーに歓声が上がります。
実力が拮抗している両チーム。法政は第1セットを落としましたが,第2セット目からは流れをつかんで第3セットも連取して勝利しました。

29日の対戦相手は現在6勝1敗の国士館大学です。
第1セット目はブロックが面白いように決まり取ることができました。しかし第2、第三3セットと立て続けに落としてしまいます。
ここから粘りに粘ってセットカウント2-2に追いつくと、最終の第5セットは,サーブ,スパイク,ブロックが決まり法政ペースで進みます。
最後も大歓声のなかスパイクがきまって勝利をもぎ取りました。

テンポよく試合が進むバレーボールは応援も盛り上がります。
リーグ戦も残すところあと3戦。全勝優勝でさらに入れ替え戦も勝利して1部に昇格してほしいと思います。
これからも全力で応援します。

 

写真提供:法政大学後援会