【観戦記】2019年度関東大学アイスホッケーリーグ戦

9月29日(日)ダイドードリンコアイスアリーナで行われた,
関東大学アイスホッケーリーグ戦の試合を観戦してきましたのでご報告いたします。

当日の対戦相手は日本体育大学さんでした。
選手の保護者のみなさんのお話では,法政にとっては相性が悪く,苦手としている大学だとのこと。
当然ながら苦戦を予想しましたが,そのとおり第一ピリオドは本学が先制点をあげたものの,1-2とリードされる苦しい展開。
シュート数は,全体を通して法政が上回っていましたが,なかなか得点につながらずドキドキしました。

しかし,試合が終わってみれば3-2で苦しみながらも見事に勝利しました。
アイスホッケー部のみなさん本当におめでとうございます。
リーグ戦は11月中頃まで続きますので,引き続き応援に行きたいと思います。

***********************
までアイスホッケーを観戦したことのない方に:

アイスホッケーは,当然ながら人間が走るスピードよりも,選手の移動速度が速いです。
ですので,展開が速く目が離せません。本当に面白いスポーツです。
また,プレー中に選手の交代が随時行われるので,素人目には「え?今交代するの?」,と思うようなタイミングでわらわらと人が入れ替わったりもします。
多くの方にこのスピード感と,ぶつかり合う迫力を会場で体感していただきたいので,ぜひ会場に足をお運びください。
(会場内は非常に寒いです。応援にいらっしゃる際には冬山仕様でお越しください)

 

写真提供:後援会クラブ