【ラグビー部】大分県杵築市から白米(ヒノヒカリ)を贈呈いただきました

このたび大分県杵築市から,本学体育会ラグビー部に白米(ヒノヒカリ)が届けられ、7月24日(火)に多摩キャンパスのラグビー場で贈呈式が開催されました。
贈呈式では杵築市の代理として,株式会社エイチ・ユー田中修司 代表取締役から、ラグビー部副主将 長利完太さん(経済学部4年)らに,杵築市産ヒノヒカリ(404kg)が手渡されました。

杵築市は,本学子会社のエイチ・ユーを通じて,本学の「ほうせい茶」の茶葉供給でも実績があり、また大学とも包括的な連携協定を締結しています。今回はそれらのご縁もあって,定期的にお米をご提供いただく運びとなりました。

また,大分県杵築市の永松悟市長からもラグビー部にメッセージをいただきました。そのメッセージを受け取った長利完太副主将は,「大学創立者の出身地である杵築市からいただいたお米で体力、筋力増加に励み、応援してくださる方たちの応援にこたえられるようチーム一丸となって努力していきます。」と謝辞を述べました。

本学とゆかりのある杵築のお米を食べて,日々トレーニングに励むラグビー部の選手たちのさらなる活躍を期待したいと思います。
杵築市のみなさま,このたびは大変お世話になりました。今後ともご支援のほどお願い申し上げます。

杵築市コメント