【観戦記】関東学生ハンドボール リーグ戦観戦記

8月31日(土)日本大学八幡山体育館で行われました、2019年関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦男子1部の初戦を応援して参りましたのでご報告いたします。

 

初戦の相手は春季リーグ戦1部で3位の中央大学。
終始リードのまま後半戦に突入したのですが、残り1分で1点差に迫られひやりとしました。
最後にダメ押しの2点を入れ27-24で勝利しました。
初戦勝利おめでとうございます。

ハンドボールは初めて観戦したのですが、相手を抱え込むようにして止めるプレイが多くあり、こんなに接触するスポーツなのかと驚きました。
相手を抱え込むとファールなのですが、バスケットのように5回ファールで退場というようなペナルティーがないので、ファールをしてでもシュートを止めるということが多くあるそうです。
あまりに悪質だと退場になるらしいのですが、ある程度は流されるようで激しいプレイが多く見られました。
シュートのスピード感もすごくて迫力があり、とても面白いスポーツでした。
秋季リーグ戦は9月28日が最終戦で、9月の土日に毎週試合があります。
ぜひ多くの方に観戦していただきたいです。

 

皆様も是非、体育会各部の試合観戦に積極的に足をお運び下さい。

 

写真2点提供:後援会クラブ