【フェンシング】全日本フェンシング選手権ではOBも活躍!

12月17日(日)福井県で開催された全日本選手権大会団体戦(男子サーブル)に、本学体育会フェンシング部OBで同部のコーチも務める3人がチーム「A」として参加し優勝を果たしました。

同チームは昨年から活動を始め全日本選手権で4位に入賞し、2年目の今年はシードで2回戦から勝ち進み、決勝では全日本大学対抗フェンシング選手権優勝チームの中央大学を破り優勝をおさめました。なおチーム名「A」の由来は、メンバー3人(新井選手・安藤選手・荒井選手)のイニシャルをとったものです。

現役の日本代表選手たちも多数出場している全日本選手権で大会を制した3人のさらなる活躍が期待されます。

<チーム「A」メンバー>
新井 弘太(法学部出身・法政大学第二高等学校卒業)
2008~15年 日本代表
2010・11・13年 世界選手権大会出場
2011年 全日本学生選手権個人優勝
2015・16年 全日本選手権大会 準優勝
体育会フェンシング部コーチ

安藤 光平(法学部卒業・法政大学第二高等学校卒業)
2012・13年度 世界ジュニア選手権日本代表
全国銀行協会勤務、体育会フェンシング部コーチ

荒井俊樹(人間環境学部卒業・法政大学第二高等学校卒業)
2010年度 ポーランド国際大会出場
法政大学職員、体育会フェンシング部コーチ